Material >> RGSS3小ネタ
4.タイトル画面のタイトルコマンドウィンドウを透明化する

デフォルトではタイトル画面のコマンドウィンドウにも背景と枠がついてきます。
これを消したい人向けの小ネタです。
3で紹介した行間開けと併用するといいかも・・・?

適用するとスクショのようなタイトルコマンドになります。

見た目がちょっとすっきり・・・かな?

今回は新規セクションを作ります。
セクションを作るので素材かな?と思ったのですが、数行程度+デフォルトのスクリプトも改造するので小ネタにて。
まず、以下のスクリプトを新規セクションに導入します(▼素材の下に導入)

次に、以下の1行をWindow_TitleCommandの16行目(「● オブジェクト初期化」内のself.openness = 0の真下、openの上)に追加します。

これで、タイトルコマンドウィンドウの枠と背景が透明になります。
モジュールなんて使ったことがないのになんでこんな作り方をしたのか、当時の記憶が残ってないのですが
window.opacity = 0でウィンドウの枠線の不透明度を0(透明)に、window.back_opacity = 0でウィンドウ背景の透明度を0にしています。
モジュールで設定したウィンドウの不透明度をWindow_TitleCommandに読み込むことでタイトルコマンドのウィンドウを透明にしている、という寸法です。
他にもスマートな方法はあるかもしれませんが、こんな感じで。
余談までにTitle.cmd_window_opacity(self)をWindow_BaseやらWindow_Messageに放り込むとウィンドウ背景は透明になりますが枠は透明になりません。
別枠で指示されてるということなんでしょうね。

Back>> Material>> Top>>